眠れない次男くんと付き合ってあげる四男くんの話その⑤