順位をつけるタイプのおにいと、唯一だからこそ理解できない三男の話