「何ぼけっとしてるのさ」風物詩